FC2ブログ

浅野太志 in サイパン

サイパン旅行の道中を綴ります。(6日間 限定ブログ)

プロフィール

浅野 太志

Author:浅野 太志

14歳の頃から、占いの世界に興味を持つ変わり者。
フランス・パリでエテイヤ・タロットの取材を終え、占い師として活動再開。
専門は、四柱推命、タロット、姓名判断など。


もしよかったら、
クリックしてください(^^)
     ↓   ↓
  

1,000回達成・パリブログ


ホームページ
浅野太志の占い鑑定


メルマガの登録はこちら


↓お便りはこちらへ
asano.uranai@gmail.com

月別アーカイブ
終章 ~旅の終わり~


 いよいよサイパンの旅も、これで終わりです。

ホテルの前にて

 お世話になった、ホリディ・サイパン・リゾートホテル…

 部屋も大きくて綺麗だし、受付の方もすごくフレンドリーな素敵なホテルでした。

 おみやげも、いっぱい買い込みました(^^)

    プレート

 これは自分用… サイパンの思い出に、シルフィーユに飾ろうと思います。

    ボージョボー人形

 これは、ボージョボーという名前のサイパンの人形で、願い事を叶える働きがあるのです。    かなり、怪しい…

 強さを得たい時には、腕を体の前で結び、恋を叶えたい時には、足を交差させ、金運を上げたい時には、手を背中にまわして結ぶのです。
      一応、足 交差させとこ(笑)

    マグカップ

 このマグカップは、S君がくれたABCマートの引換券とレシートでもらった、非売品の貴重なマグカップです!
   知らず知らず なにげに、緑色のものばっかり集めている…

おみやげ

 本のしおりに、マグネットホルダー…

 シルフィーユに鑑定を受けに来てくださった方で、ご希望の方に、先着順で差し上げます。
   大したものではありませんが、もらってください…

 あと、日用品やおもちゃとかお菓子を、もろもろ買い込みました。
 まあ、これでも足りなかったら、後はサイパン空港でも買えますし(笑)

 何気にサイパンは、日本語が使える所が多いので、海外旅行初心者にはお勧めです。
 パリを難易度5だとしたら、サイパンは難易度1ぐらいでしょうか。

    クラブ六本木
     カラオケクラブ・六本木…

 いたる所に日本のお店があります。

パン

 こんな風に、売り場なんかでも、ちゃんと商品に日本語表記がしてあったりするから、すごく安心です。

 ホテルの部屋のテレビは、NHKが受信できるから、今の情勢もすぐわかります。
 これって、パリではありえない事です。

 まるで島全体が、パリのピラミッド地区みたいです。
 (2012/3/17ブログ 「パリに愛される日本文化」 参照)

 僕は今日で帰国ですが、S君とS君の奥さまは、もうあと2日サイパンに滞在します。

 二人とお別れの晩餐を、ガラパン地区にある、日本食のレストラン「故郷(ふるさと)」で、しました。

   故郷

 これで、サイパンとお別れか…
 そう思うと、すごく切ない気持ちになります。

 日本はこれから、寒い冬…

 できれば、この暖かい南国で一生暮らしたい気持ちです。
 なんて… そんな事、言ってられませんね(笑)

   乾杯

 3人でしばしのお別れに、乾杯しました。

 現地の人は、みんな朗らかで、人が良いというか、のんびりとして、いつもニコニコしています。
 
 サイパンの公用語は英語ですが、現地の人が使うチャモロ語には、日本語の影響を受けた言葉がいっぱいあります。

 「ボウシ」 「ボウズ」 「ナマイキ」 「サルマタ」 「チチバンド」 は、そのまま日本語と同じ意味です。   チチバンドって、やらしくね…

 サイパンは、緑がいっぱいの島…

 この島で、最も生息しているのは、このダカンダカンの木…

   ダカンダカン

 今年の8月の台風の影響で、折れちゃっていますけど…

 今から70年前の爆撃で、焼け野原になってしまったこの島に緑を取り戻す為に、アメリカ軍が空からヘリコプターで島中にダカンダカンの種を散布したんです。

 これって、いかにもアメリカらしい、大胆な解決法だと言いますか…
    食物連鎖、ぶち壊しやねん

 でも、このダカンダカンは、すごく生命力が強い木で、あっという間に、土の養分を吸い取って他の木を枯らしてしまうそうです。

 しかも、幹が細くて節だらけだから、焚き火で燃やすまき以外には、全く使い物にならず、現地の人からはかなり不評を買っているらしいです。
    だいたい、こんな暑い所で焚き火とかしないし…

 それでも、ここサイパンは、本当に自然が豊かな島です。
 とはいえ、人々がちゃんと管理しているので、イグアナはたまにいますけど、ヘビとかが出てくる事はありません。

 そして、海はどこまでも澄み切っている…
 日差しがまぶしくて、木々の香りが心地よくて、どこからともなく、南国独特のあのゆるやかなリズムの音楽が聞こえてくる…

 今、しっとりと心が満たされているのを感じます。

 旅というものは、ただそれだけで、人の心を満たしてくれるのかも知れません。

 さようなら、サイパン…

 サイパン空港までの送迎バス乗り場に向かう途中、綺麗なハイビスカスを見つけました。

ハイビスカス

 この島にあるもの全てが、いとおしい…

 S君夫妻に見送られながら、サイパン空港までの送迎バスに乗り込んで、一路サイパン空港へ…

   飛行機

 僕が乗る、デルタ航空のDL297便です。

 機内放送では、成田空港の気温は12度との事…
 「そっか、日本は冬だったんだ」 なんて、妙にシュールな気持ちになったりします。

 明日から、また忙しい日常が始まる…

 頑張ります!!

    サイパン発

 Fin

 6日間、このブログにおつきあい頂きまして、本当にありがとうございました!!

 P.S.

 メルマガ・シルフィーユは、12月6日の発行になります。
 お題は、「バラ色の人生の扉を開く鍵」 …

 今回のサイパン旅行の裏話や、感じた事や学んだ事を、思いきり書こうと思っています。

 個人情報を入力しなくても、無料で登録できますし、いつでも登録解除できますから、よろしかったら是非、メルマガ登録してみてください。

 浅野 太志

よかったら、クリックしてください(^^)
   

関連記事 [サイパン旅行]
サイパン旅行 | コメント(-) | 20151205080000 | 編集
| HOME | 次のページ
検索フォーム
    © 2018 浅野太志 in サイパン  Designed by Easytem